スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
゜・。・゜・The Keiko Walker Journal・。゜・゜・ +++ Vol.36 2009/4/28 +++
☆★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
゜・。・゜・The Keiko Walker Journal・。゜・゜・ 
+++ Vol.36 2009/4/28 +++
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★


 
……・・ CONTENTS・・・ ………………・・・ ・ ・

◆1 KEIKOのコラム~「KEIKOからみなさんにご報告です♪」
◆2 お知らせ♪
◆3 更新情報 … KEIKO WALKER’S OFFICIAL WEBSITE
◆4 スケジュール…今後のライヴ・スケジュール

……・・・・  ・ ・・………・・ ・・・・…・・…・


~~★・`★━━━━━━━━━━━━━━━★。゜★.:*:☆~★ 

       ◆1◆ KEIKOのコラム!……2009年4月号
   「KEIKOからみなさんにご報告です♪」

☆~~~:*:`━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━。・:*:☆


みなさまお久しぶりです。
本当に、本当にご無沙汰をしてしまって、
ご心配をおかけしてしまって・・・

やっと自分で受け止められるようになり、
決心も付き、頑張れる気持ちになれたので
ブログも書こうという気持ちになれました。

私の性格上、自分が迷ったままで、
決心も付かずにいる状態でみなさまに報告も出来ず、
全てを受け入れなければお話が出来ない・・・
そんな性格だからこの病気になったのかもしれませんね。

本当に受け止められるまで苦しみました、悩みました。
これからもまだまだ苦しいことが待っているかもしれませんが、
あとは気持ちを強く持ち、病気と闘っていくしかありません。

ずっと暮れからライヴやコンサートを中止し続け、
みなさんに大変ご迷惑をおかけしてばかりです。
本当にごめんなさい。

始めは疲労とストレスで具合が悪く、
休養していれば治ると信じていたのですが、
実は、「尋常性天疱瘡~Pemphigus」という難病ということが分かりました。
種類がいくつかありますが、私の例でお話しすると、
粘膜に水泡ができ、水泡がわれるとびらんになり、
口の中がやけどをしたような状態になります。
そのせいで食べることもできず、歌うこともできずでいました。
そのまま何もせずいると死亡率のとても多い病気だそうです。

とても珍しい病気であって、現在日本で3,000人~4,000人の患者さんがいるようです。
治療はステロイド剤の治療になるようです。
ステロイド剤ができるまでは90%~100%死亡してしまう病・・・
この病気、今でも5%~10%の割合で死亡することがあるようです。
しかし、治療を行っても、完治することは無いようです。
これからはうまくこの病気と付き合って行くしか無いようです。
お医者様に言われた時、目の前が真っ暗になり、
信じられないという気持ちと、無かったことにできないのかな?
なんてありえない思いがぐるぐると頭の中を回りました。

薬アレルギーが多い私にとっては大量のステロイド治療はリスクがとても大きい、
でも治療を行わなければ死んでしまうかもしれない・・・
すごく、すごく悩みました。
恐怖心でいっぱいでした。

でも、お医者様のお話をちゃんと聞き、検査を重ねて来た今、
やっと決心が付きました。
治療をして完治はしなくても結婚をし、子どもも生んでいる人もすごく多いと聞きました。

子どもは生まないにしても・・・(年齢的に)
また歌を歌えるようになると言ってくださったのでやっと決心が付きました。

やはり、25年間歌って来たのですから、これからも声が出る限り歌いたいと思いました。
そして、私は始めにSHIME、玉ちゃん、林くん、に話をしました。
夏までに入っていた仕事を全てキャンセルしなければならない。
そして治療を始めてから入院、自宅療養と音楽の仕事に復帰できるのは早くて秋、
もしかするとそれ以上かかるかもしれない。
3人が全てを知ってからはみんなで色々考えてくれて動いてくれています。

そして先日久しぶりにSHIMEの歌を聴いたら涙が出てきて、
やっぱりまた早く二人で歌いたいなとつくづく思いました。
そして、大事なアンジェリーナの為にも早く元気にならなくては。
そしてとうとう、今週より私の闘病生活は始まりました。
長期の入院が始まりました。
来週になったら治療を始めなければなりません。
ステロイド治療によって副作用がたくさんあり心配が多いです。
中でも感染症が危険のようです。
免疫を下げて行う治療なのでかぜや肺炎などになったら大変です。
なので来週からは面会にも制限があり、みなさん遠慮して頂いております。
退屈な日々の多分始まり?
でも我慢です!

今現在、一番つらいのはアンジェリーナと離れ離れなこと。
人間と違って、彼女にとってはなぜ私が帰って来ないのか分からない。
おいていかれたのでは無いかと不安になっているのでは。
治療が済んだら帰って来るって分からないものね、犬は・・・
彼女の心が心配です。
面倒は叔母の家族が見てくれているため安心なのですが・・・


こうして家族や友達、病院の先生方や看護師のみなさん、
そしていつも応援してくださっているファンのみなさんがいるから
私は頑張れるんです。
本当にみんなありがとう!

みんながいるからきっと、きっと良くなってまた
ステージに笑顔でたてる日が来るはずです♪

しばらくの間、KEIKOとANGELINAのティータイムブログでは無く、
KEIKOの闘病日記に変わりそうですが、
これからも書ける時はブログの更新したいと思っています。

           2009・4・18 KEIKO WALKER♪ 
          

             ■■   ■■               
            ■■■■ ■■■■              
            ■■■■■■■■■              
             ■■■■■■■               
              ■■■■■                
    ■■■                 
                ■         

 

続きを読む
スポンサーサイト
【 2009/04/28 11:10 】

| Vol. 36~40 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。